弊社の歩み

弊社は1979年に創立され、熱可塑性樹脂を材料としたシングルポーションパック製造の包装工程を他会社に提供する会社としてスタートしました。UNIFILLは、1981年には医薬品、化粧品、化学製品業界に向けたシングルポーションパックの縦型加熱成形充填機の第1号を設計し、1986年には食品業界用単一容器の機械を製作しました。今日のUNIFILLは、シングルポーションパック加熱成形のための縦型機械の製作にかけては押しも押されぬ世界的リーダーとなっています。

UNIFILL 製の機械は、イタリアと世界でシングルポーション容器の歴史を築いてきました。中でもTR86シリーズは1985年から2000年にかけて200台以上を販売したシングルポーションパック製造機として飛び抜けた存在であり、2000年から新しいTFシリーズによって徐々に交換されてきています。TFシリーズは新世代モデルであり、中でもTF-K、TF-01TF-02は使用分野を拡大させただけでなく、相当量の材料の節約、効率の向上、製造工程全体の最適化の実現に貢献しました。

継続的なイノベーション、プロフェッショナルな業務体制、5大陸にわたって様々な使用分野に対応した150種類以上のシングルポーションパック製造機械を400台以上を設置した業績を持つ UNIFILL は、30年の歩みの間にシングルポーションパック製造業界では押しも押されぬリーダーに成長しました。

ほぼ15年にわたってイタリア国外の企業に所有されていた UNIFILL ですが、2012年初頭に誇り高きイタリア籍100%の企業に戻りました。

1980年代の初めから現在まで、全世界に位置する150社を超えるお客様が、食品、医薬品、化学品、化粧品、ボディケア製品の分野で、UNIFILL の技術を使って自社あるいは他社で包装した製品を市場に送り出してきました。

その中には、Nestlé、Unilever、MD Foods、Bongrain、Kraft、Danone、Colgate Palmolive、Procter & Gamble、Reckitt Benckiser、Sara Lee、Johnson Wax、Bayer、Garnier、L'Oréal、Sanofi-Aventis をはじめとする世界的な多国籍企業が多く含まれています。