シングルポーションパック包装機

シングルポーションパック包装

UNIFILL は、独特でコンパクトな一体型シングルポーションパック包装機を設計し、特許を取得しました。これは、樹脂材料のリールから出発してシングルポーション容器を加熱成形するもので、成形・充填&包装(シール)の技術とブロー成形の技術の長所を組み合わせています。

こうしてでき上がる製品は、食品、医薬品、化粧品、化学製品の産業には格好のものとなる上質のつくりを持つ立体的なシングルポーションパックです。しかも経費を節減できます。

この装置は、高温充填後に固体化する液体・粘体の製品に適したイージピール性を持つ包装や、充填後も液体・粘体の状態にとどまる製品に適したしスクイズ性を持つ包装の両方を生産することができます。

現在、UNIFILL 製シングルポーションパック包装機には6つの基本機種が用意されています。各機種の名前をクリックすると、詳細が表示されます。

TF-K
これは、「テスト機械」として、また経費が何よりも重要視される使用例のための機械として、設計されたUNIFILL 製基本機種です。充填容量は 1~100ml です。

TF-02
最大 150ml に対応するシングルポーションパック製品生産用の中速/高速機械です。TF-02 は、260mm または 300mm の拡大ピッチを持つ/EP バージョンと、金型が150mm の高さにある/EP/IH バージョンもあります。この機械には、キャッピング機、スティック棒取り付け機、シングルおよびダブルラベリング装置、ウルトラクリーンパックなどのオプション機能を搭載させることが可能です。充填容量は 1~150ml です。

TF-03
大きな充填容量(最大 500ml)の容器を加熱成形するための機械です。キャッピング機を搭載したものと搭載していないものがあります。この機械には、キャッピング機のほかに、シングルおよびダブルラベリング装置、ウルトラクリーンパックなどの様々なオプション機能を搭載させることが可能です。充填容量は 100~500ml です。

TF-400
TF-400 QwikPakは パウチボトルに最適な技術ソリューションを持ち合わせています。

RESNOVA
新世代のポリ塩化ビニル・アルミニウム兼用坐薬充填包装機です。-15 と -35 のバージョンがあり、最高で35,000個/H の生産能力を持つことができます。

計量充填装置
30年を超えるシングルポーションパック加熱成形包装機の実績を通じて、UNIFILL は計量装置と充填装置の分野でも優れた知識を蓄積し、今日では、時間圧力計量充填装置、ピストン式容積計量充填装置、2重メンブレン付き容積計量充填装置、電磁計量充填装置、質量計量充填装置など、多種類の計量充填装置をお客様に提供することができます。いずれの計量充填装置も、さまざまな製品の特性に適応するように設計されます。
UNIFILL 製計量充填装置では、製品と接触する部分はAISI 316L鋼で作られ、CIP搭載準備、電子制御、充填ノズルの可変構成を特徴としています。

材料
シングルポーションパックの生産において、UNIFILL 製包装機では、PVC/PE、PET/PE、PS/PE、PA/PE、PP/PEなどの、多種多様なラミネートまたは同時押出成形仕様の樹脂樹脂材料をお使いいただくことができます。使用できる厚みは 150~600 ミクロンです。

製品の特性を最善な方法で保持するバリヤー性を高めるために、EVOH、PVDC、BAREXなどの特殊なバリヤー材料を使用することが可能です。
包装後の滅菌ができる PP/PA/PP、PP/EVOH/PPのような特殊なレトルト材料も使用できます。

×